歯の黄ばみ・くすみを落とす方法

頑固な黄ばみやくすみも落とす方法!?

真っ白な歯。誰もが憧れるものですよね。しかし毎日歯磨きを丁寧に行っていても歯が黄ばんでしまうことがあります。
今回は歯の黄ばみの原因、対策、予防法などについてまとめてみました。
市販のホワイトニング剤は白くなった試しがない。。。
とお悩みの方へ。

 

しかし、見つけちゃいました。研磨剤や着色料など使用していない歯に優しい歯磨き粉を!
汚れや黄ばみを浮かして落とすという新しい歯磨きです。

歯の黄ばみ,くすみ,ホワイトニング,トゥービー・ホワイトエッセン歯を白くする効果のあった歯磨きは?

黄ばみ落とし人気歯磨き粉

薬用トゥースメディカルホワイト

1・歯科医も愛用する薬用ホワイトニング!

2・歯を白くする、タバコのヤニ除去、歯周炎の予防!

3・研磨剤を使っていませんので歯の表面のエナメル質を傷める事はありません。

薬用オーラパール

薬用オーラパール

1・アミノ酸であるセリンにはコラーゲンの合成を助ける働きがあるこ。

2・またアスパラギン酸には、コラーゲン分解酵素の作用を抑える働きがあることがわかりました。

3・「オーラパール」には、この2種類のアミノ酸(矯味剤)が配合されています。

パールホワイトプロEX

1・美容歯科のホワイトニングを自宅で簡単にできます。

2・黄ばみ・黒ずみ・ヤニ落とし・歯垢・口臭予防・虫歯予防に最適!

3・効果が確認できなければ45日間返金保証付き!

トゥービーホワイトエッセンス

トゥービー・ホワイトエッセンス

1・浮かさせて落とす新しいタイプの歯磨き粉です。

2・長年溜まった黄ばみやくすみも綺麗の落ちてくれる頼もしい歯磨き粉でCMで凄く人気が出て居る商品です。

3・一度は、使って見れば分かる黄ばみの落ち具合!

歯の黄ばみの原因

歯が黄ばむ原因はいくつかあります。

 

 

1・食べ物や飲み物が原因
歯の黄ばみのいちばんの原因として、食べ物や飲み物があります。黄ばみやすい食べ物としてカレーライスやブルーベリー、コーヒーやコーラ、赤ワインなどが代表的です。醤油やソース、ケチャップなどの調味料も歯を黄ばませる原因となります。そのほかにも着色料を使った食品やイソジンなどの市販されているうがい薬も黄ばみの原因となるそうです。

 

2・タバコが原因
長年タバコを吸い続けることによってヤニが歯にも蓄積され、色がついてしまいます。家でタバコを吸うと壁の色が変わったりしますよね。あれと同じで歯の色も変わってしまうのです。

 

3・加齢が原因
年をとるにつれ、歯が持っているエナメル質がだんだんと薄くなってきてしまい、歯が黄ばんできます。歯は象牙質の回りにエナメル質がコーティングされており、元々象牙質はきれいなクリーム色をしているのですが、老化とともに象牙質自体が黄色く変色してきます。そして象牙質の回りをコーティングしているエナメル質は長年歯を使うことによって(食事や歯磨きなど)徐々に薄くなっていくのです。それによって黄色く変色した象牙質が見えてくるため、加齢とともに歯が黄ばんでしまうのです。

 

4・薬剤が原因
薬の種類によっては歯が黄ばんでしまうこともあるそうです。例えば、乳歯の時期にテトラサイクリンいう抗生物質を服用しますと薬剤の作用で永久歯にまでも色素が沈着してしまうことがあります。妊婦が服用すると胎児の歯まで黄ばんでしまうこともあるそうです。

 

5・虫歯の治療が原因
歯医者で神経を抜いたり、歯茎の内出血であったり、血液と細菌が反応して歯の内側から色が変わることがあるそうです。しかしこの場合は歯の黄ばみというよりももっと黒っぽく変色したりすることが多いと思われます。

 

このように歯が黄ばむ原因は様々です。

歯の黄ばみは取れるか

歯の黄ばみを落とすにはホワイトニングする必要があります。

自宅で簡単に出来ないのか?できます。

 

自宅で簡単にホワイトニングケアをすれば時間は自宅にいる時で大丈夫です。

 

お金も歯科医に行くほどかかりません。
黄ばみが落ちて黄ばみや虫歯に口臭予防にもなります。
ホワイトニングすれば黄ばんだ歯はどんな原因でも白くなるのか?
加齢・コーヒー・たばこはなどは大丈夫です。
残念ながら全ての原因で白くすることはできません。

落ちない黄ばみは、テトラサイクリンという抗生物質を幼児期から7歳位まで服用していた方でこれが原因で黄ばんだ歯になった場合です。

 

次に、どのようにすれば黄ばみがとれるのかをご紹介いたします。

 

まずは自宅で歯磨き粉を使って白くする方法があります。薬局やドラッグストアに行きますと、ホワイトニングと書かれた歯磨き粉が数多く販売されています。

 

手軽に手に入るものとして、例えばシュミテクト(ホワイトニングタイプ)があります。こちらは食事に含まれる酸によって薄くなってしまったエナメル質を再石灰化してくれるはたらきがあります。
他にはアパガードリナメルという歯磨き粉。こちらはリナメルに配合されたナノ粒子が直接歯に作用して、歯の表面についたミクロの傷を再石灰化してくれるはたらきがあります。

 

このように市販のもので手軽にできるのもあるのですが、やはり市販のものですと効果が出るまでに時間がかかる、なかなか効果があらわれにくい、などといって意見も数多く見受けられます。
そのような場合には、やはり歯科医院でのホワイトニングをおすすめいたします。

美容歯科でホワイトニング

歯科医でする方法と自宅でケアする方法があります。

 

歯科医でホワイトニングすると時間とお金がかかります。歯科医によってやり方が違うと思いますので歯科医で行う場合は事前に聞いておきましょう。

 

白くしたい歯の本数や希望の白さなどで料金が変わってきますので確認が必要です。

 

歯科医院では、変色している歯1本1本に特殊な薬剤を塗り、これまた特殊な強い光を当てて短い時間で歯の漂泊を行うことができるのです。

 

値段はやはり市販のものと比べるとだいぶ変わってきますが、本格的に、なおかつできるだけ短時間で歯の黄ばみを取りたい方、ホワイトニングをしたい方にとっては有効な方法だといえるでしょう。

 

歯科医院でやるのは少し抵抗がある、値段が高すぎる、などと考えている方のために自宅でできるホームホワイトニングという方法もあります。

 

型をとったりするのは歯科医院で行うのですが、それさえ行えばあとは家で好きなときにホワイトニングケアをするだけです。

 

型どりをしてもらったマウスピースに薬剤を入れて、1日に平均2時間ほど装着するのみです。自宅で好きなときにできることはとても便利ですしお手軽だといえるでしょう。

 

歯科医院で行うよりも少しお値打ちにできます。約2週間ほどで驚くほどの白い歯を手に入れることができるそうです。これは試してみる価値ありですね。

※テトラサイクリンという抗生物質を幼児期から7歳位まで服用していた方も大丈夫です。


歯の黄ばみを予防する

 

そんなことにならないためには歯の黄ばみを防ぐことがいちばん大事ですよね。

 

一体歯の黄ばみを防ぐにはどうすればよいのでしょうか。

 

実は唾液には歯の色素沈着を防ぐ役割があるそうです。口の中にたくさん唾液があると、常に歯が洗われているような状態になり、歯に汚れもつきにくくなります。食後に歯磨きができない場合、舌先を使って歯を磨くようになぞってみましょう。それだけでも大きな予防になります。

 

そして予防のためにはとにかく早めの応急処置が必要です。特にコーヒーや紅茶、赤ワインなどを飲んだあとはできるだけ早めに水でうがいをすることです。色素沈着の元といわれるタンニンやポリフェノール、カテキンなどによる歯への着色をうがいによって防いでくれます。

 

以上が歯の黄ばみの原因、取り方、予防です。あなたに合った歯のケアで黄ばみ知らずの真っ白な歯をぜひ目指してください。

 

歯の黄ばみ,くすみ,ホワイトニング,トゥービー・ホワイトエッセン歯を白くする効果のあった歯磨きは?